2013年02月24日

「批判」

前回,私は「前任者の自殺」などとブログに書くことへの無神経さを問題にしたが,それは死者はもちろんであるが,それ以上に遺された遺族への配慮のなさに呆れたからである。自分のことしか考えない人間の傲慢さへの怒りである。


そのような無神経な人間とは対照的な人間もいることをあらためて知った。

先日,週刊誌(漫画だが…)に掲載されていたエッセイに深く考えさせられた。
著者は,話題の映画『遺体〜明日への十日間〜』の原作者である石井光太さんである。この映画は是非とも観たいと思っている。

無断転載ではあるが,このエッセイの全文(「ちいさなかみさま」)をPDFにして掲載しておく。多くの方に読んでもらいたいからである。

このエッセイで紹介されている二人の「死者に対する畏敬」の姿に感動した。
人は,時として,その在り方によって自らの本質を見せる。決して意識しては見せることのできない姿である。本質は,自然のうちにあって無意識に体現されるのである。意図的に自らをよく見せようとか,評価してもらおうとかという姑息な人間には真似さえできないだろう。高慢さは高慢さとして,姑息さは姑息さとして表出される。

自己正当化・自己保身のために「他者の死」さえも利用する者は,いくら強弁しようとも,多くを語れば語るほどに,指の間から零れ落ちる砂のごとく,その本性を曝け出す。品性の乏しい人間が書く文章に他者の傷みへの共感はない。自分を容認する者,自分を評価する者には優しく,自分を批判する者,自分の考えと相容れない者には非難と攻撃を行う。


一人は,専門学校の葬儀関連コースで「死に化粧の方法」を教えている宿原さんである。

「故人にお化粧をする際は、まず手を合わせて『おじいちゃん、ちょっと協力してね』と声をかけてから、行うようにしています。死に化粧っていうのは、単に化粧をすればいいというわけではありません。
最近の人は延命治療を受け、薬漬けにされて亡くなるので、とても苦しそうな表情をして口を開けたり、眉間に雛が寄っていたりします。お化粧の前は筋肉を揉みほぐし、ロを閉め、表情をできるだけ和らげなければならないのです。そうやって表情を変えてから、保湿クリームをたっぷりと塗った上で、ご遺族に生前の表情をお聞きしたりしながらお化粧をしていくのです」

「ただ、自殺した方の場合、参列される方々もそのことを噂として知っていることがあります。そんな時、ご遺族には尋ねにくいので、葬儀会社の人間である私に『死因はなんですか』と尋ねてくるのです。そんな時、私は『心筋梗塞です』と答えるようにしています。ご遺族の立場を守るために、そう答えるのです。嘘だと言われれば嘘かもしれませんが、故人のプライバシーを守るのもーつの仕事なのです」

自殺だと答えれば、参列者の間に噂が広まり、遺族はさらに辛い思いをする。それを防ぐのも自分の仕事だと考え、化粧と言葉で故人のプライバシーを守っているのだ。

宿原さんのように,たとえ多くの参列者が知っていようとも,故人の尊厳とプライバシーを守り,遺族にさり気なく気遣う人間もいれば,故人と遺族が特定できるにもかかわらず「前任者が自殺」と自己保身のために繰り返し書く人間もいる。遺族への心遣いさえせず,まして同業の宗教家であるにもかかわらず,まるで戒律を破った者への見せしめのように,死者に鞭つ。

「善きサマリア人」とは誰だろうか。


もう一人は,映画にも登場する,東日本大震災の直後に死体検案の仕事をした医師である。津波で亡くなった人が毎日何十人も運ばれてくる中,一体一体遺体を調べて死因を書き記し,DNA試料を採取した。

最初に私がK医師と話をした時,こんなことをつぶやくように言っていた。

「みんな窒息だから,本当に苦しそうな顔をしていたよ。口を開けて叫ぶような表情だった。毎日,何十体もそれを見ていると,ほとほと気が滅入ってきた」

遺体はヘドロにまみれ,ねじまがり,苦しそうに顔を歪めたり,何かにしがみつく姿をしていたりしていた。同じ町の人たちがそんな姿となって運ばれてきて遺族が泣き叫ぶのを目の当たりにするのは,さぞかし辛かっただろう。

それから約一年が経った。ある夜,私はその被災地を訪れ,K医師と仲のいいS歯科医と酒を飲んでいた。その時,S歯科医が言った。

「K医師いるでしょ。先日,あの人が震災の特番に出たんだよ。その時,K医師はテレビカメラの前で,こう言ったんだ。
『津波で死んだ方々は即死だった。だから,まったく苦しんでいなかった』って。
俺も遺体安置所で歯形の確認をしていたし,K医師もずっとご遺体の検案をしていた。だから,ご遺体が苦しそうな顔をしていたのはわかっていた。それでも,K医師はテレビを観ている遺族に配慮して,『津波で死んだ人は苦しんでいなかった』って言ったんだよ。俺は本当にK医師が偉いと思ったよ」

テレビの前で嘘をつけば,記録として残ってしまうし,同じ医師から「何を言っているんだ」と非難される可能性もある。だが,K医師はそのリスクを承知した上で遺族の気持ちを考えて嘘をついたのだ。

私は,石井さんの最後の言葉が強く心に残っている。

…人は死に際して多くの荷物を遺していくものであることを思った。遺族だけでそれを支えきれない時,周囲の人々がそれを分かち合って支えなければならない。そうして初めて遺族は生きていけるのだ。

東北大震災,巨大津波で犠牲になった多くの方々を取材する中,「遺体」に寄り添う遺族を支える人々の姿を間近に見ることで,石井さんは知ったのだろう。

「事実」であれば,それを公開してもよいのだろうか。公開することで傷つく人や悲しむ人,不愉快な思いをする人がいても,「事実」であれば明らかにしても構わないという考えにはなりたくはない。黙して語らず…私ならそちらを選ぶ。世の中の,まったく関係のない人々にまで言い広めて何になるというのだろうか。私には理解できない。


池田晶子『考える日々V』に「他人を言い負かしたいだけの人」と題した一文がある。

「批判」という言葉を使いながら,実は「たんなる揶揄と中傷と揚げ足取り」でしかない他者への「批判」を書く人々への痛烈な「批判」の一文である。
哲学者らしい明晰な論理展開である。

たぶん忘れているのだと思うから,あえて教科書的なことを述べるけれども,この言葉の本来の意味,すなわちその行為と精神の本来は,例のカントの『純粋理性批判』,あの意味における「批判」に尽きている。考える機能としての理性が,自身の妥当性を吟味し,判断するということである。易しく言えば,「考える」ということを考えることで,それがどう正しくどう正しくないのか,より明らかに知ることである。

なぜそんなことをするかと言えば,より明らかに知りたいからに決まっている。そも「要る」ということは,より明らかに知りたいという動機以外によっていないのだから,知るために考える限り,考えることを考え始めるのは当然である。こう考えることは,正しいのか,正しくないのか,正しくなければ,どう正しくないのか。それを知ることで,さらに明らかに知ることができる。「批判する」とは,こういうことを言うのである。

なるほど,考えることを考えるとは,それ自体が否定の活動ではある。すでにそう在る事柄について,それはどういうことなのかと考えるのだから,理性とはその本性が否定性なのである。しかし,理性によって否定することと,感情によって非難することとは違う。たとえは,マルクスによるヘーゲル批判,ああいうのを正当にも「批判」というのである。考えのみによって,考えをひっくりかえしてゆく,それができない程度に応じて,人は感情的になる。

ネット社会となり,人々が自分の意見を述べる場が拡がったことで,誰もが手軽に(安直に)何にでも首を突っ込み,勝手な意見を述べる。「言論自由」を批判しているわけではない。ただ,その内容に,その人間の姿勢が反映する以上,「何でも書けばいい」という「自由」が他者を傷つけ,他者の人権を侵害している事実を批判しているのだ。

出版される本には,それでも編集者(そのレベルには疑問も感じるが…)によって「校正」が行われている。他者(専門家)による「チェック」が行われるか,独りよがりの文章が垂れ流されるか,その違いだ。blogの弊害を私は問題視しているのだ。

「文章作法」についても同じである。論文でもレポートでも「書き方」を学ぶ機会は減少しているのではないだろうか。それ以上に,意識して勉強(修練)する人間が少ないのではないか。

昔は,文章の書き方を高校から大学にかけて担当教官やゼミ教官から厳しく指導された。学生もまた,論文では清水幾太郎や桑原武夫,小説や評論では三島由紀夫や小林秀雄など多くの名文家の本を読んだり,彼らの文章を参考にしたりして表現方法を学んだ。

文章は誰かに指摘されることで上達する。誰からも指摘されないことは不幸とさえ思う。独り善がりの文章と内容により,気づかないままに他者を傷つける文章を書き続ける。

「…たんなる揶揄と中傷と揚げ足取り」とは,実に言い得て妙である。「批判」と称しても,その内容が他者に対する「揶揄と中傷と揚げ足取り」であれば,そこに真実などありはしない。「批判」と思っているのは当人だけであり,もし共感する人間がいれば彼もまた同程度なのだと私は思う。

…また,自分には窺い知れない他人の仕事について,安直に口を出すべきではない。小説家は小説を書き,哲学者は哲学をする。そこに何の不満があるのか。何にでも口をつっこみたがるのも,「言論界」にたむろする人々の見苦しい行ないである。

批判といい,批評といい,本来は正々堂々の精神活動なのである。それを今日のような下劣な姿に貶めたのは,他でもない「言論人」たちの,その品性なのである。

池田氏の痛烈な批判に自らの顧みるべきだろう。「言論人」がblogの登場により「一般人」(blog人)に拡大されている。内情深く知りもしないことを,まして一面識もない(直接に知りもしない)他者のことを,安直に語るだけでなく,的外れな「批判」などすべきではない。
知らないからこそ「虚偽」を捏ち上げるしかなくなるのだ。それこそ「嘘」に「嘘」を重ねるしかなくなるのだ。

もっとも良識ある人間はそんなことしないだろうが…。

posted by 藤田孝志 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 断章と雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

Time goes by

携帯電話のCMに,Every Little Thing の「Time goes by」が使用されていて,最近よく耳にする。好きな曲のひとつだが…。

今年度はとても早く月日が過ぎていったように感じる。年々,そう感じる度合が増してきていると思うのは,きっと自分が歳をとってきたせいだろう。


先日,久方ぶりに古書店を訪ねたところ,3月で閉店するという。専門書を扱う古書店としては在庫量も多く,探求書の何冊かはここで見つけたことがある。
閉店ということで8割引とのこと。だが,お目当ての本も,いつか買おうと思っていた本も,時すでに遅く,ほとんどが消え去っていた。埴谷雄高全集など高価な本が1000円ほどで買えるのだから…。専門書にしても,有名な本や希少本などその世界での資料的価値の高いものは早々に買い求められていた。残念であるが,仕方がない。今週末にもう一度時間をかけて探そうと思っている。

買い求めた数冊の中に,池田晶子『考える日々U』がある。偶然に手にとって拾い読みをしていて,「江藤淳氏が自殺した」の一文が目にとまり,つい買ってしまった。江藤淳氏が亡くなったことは知っていたが,その死の事実については知らなかった。別に死の真相が知りたかったわけでもなく,池田晶子氏が江藤氏について何を書いているかに興味があったからだが,江藤氏の死に関してはさすがの一言であった。

…自殺した人の本当の思いは,その人以外にとっては,やはりどこまでも推測でしかあり得ない。

見事であるというか,彼女らしい。

遺族にとって,人の死,それが自殺であれば,尚更に触れてほしくはないのは当然だろう。それが普通の感覚だと思うが,自分のことしか考えない人間もいる。
自己正当化の手段として,自分がおかれた境遇の厳しさやそれを克服してきた自分を誇張するための対比として,他者の自殺(「前任者が自殺した」)を繰り返し書き続ける無神経さに不快感を禁じ得ない。ブログに公開している文章であれば,名前を伏していても,簡単に個人を特定できるにもかかわらず,関係者にとっては辛いであろうことを,そのことで自分が被った迷惑ばかりを強調して非難する無責任さにも辟易する。
人の死を利用する傲慢さと自己顕示欲に呆れ果てる。

池田氏の同書に,埴谷雄高を知る人たちにインタビューしてまとめた本の著者に対する批判が書かれている。

埴谷氏の最後については,深く傷ついている人がいる。私は彼女らから何度も相談を受け,できる限りのことをしたつもりで自分ではいる。そして,このままでは彼女らがあまりにも気の毒だと思ったので,ある雑誌で企画を実現させた。埴谷雄高の日常を最も知るのはこの人たちだと。
当の学生が,私に無礼なことを書いて寄こしたのは,この後である。私が彼女らを「利用した」と。…

今にして思うと,彼は,埴谷氏の身辺を調べるうちに,その最後に関して様々な出来事があったのを知り,特ダネを見つけた,というふうに思ったのではなかろうか。…

…しかし,こじれにこじれた版元や御近所や親類の方との関係の中で,ありのままを述べれば,傷つく人や迷惑する人がたくさんいる。何よりも埴谷氏の名誉がある。…

学生は「事実は明らかにしなければならないじゃないですか」と言ったことがある。しかし,事実の断片を聴き回り,それを公にすることで,傷つく人がいることを,どう考えているのだろうか。

…だからこそ,彼は,人を利用し,再び人を傷つけていることを,知ることがない。
世の中には,為すべきことと,為すべきでないことがある…

私も「当の学生」が書いた『変人−埴谷雄高の肖像』を読んでいる。今回,池田氏の文章が気になり,改めて読み返してみたが,それほどには感じなかった。だが,関係者には許せない内容もあるのだろう。埴谷氏のファン(愛読者)にしてみれば,知られざる一面を垣間見る面白さが十分に感じられる一冊だろう。埴谷雄高に深く関わった人たちが彼の著書や彼自身との出会いを基本軸にしながら,彼に関わるエピソードを交えながら自分自身の思いを語ることで埴谷雄高という巨大な思考体を多面的に分析していくように読めるインタビュー集と思う。

しかし,ある事実(言動・体験)は関係者の視点や捉え方によって,様々な解釈となって残る。全く正反対の受け止め方で人の心に残ることもある。

「事実の断片」を拾い集めても「事実」になるわけではない。「断片」は「断片」でしかない。その「断片」を憶測で繋ぎ合わせても,どれほどの「事実」(真実)に辿り着けるだろうか。
むしろ,憶測が一人歩きしてしまう危険がある。「仮説」である憶測が次の憶測のために「事実」にすり替わり,そこから憶測が始まって「仮説」を生み出すという,いつしか独善的・独断的に「仮説」が「事実」となってしまう。

さらには,最初から「結論」が用意されていて,それを証拠(理論)立てるために「事実無根」「虚偽」さえ捏ち上げる。「虚偽」を「事実」にする詐欺師まがいの手管を労してまで自己正当化をはかる人間がいる。人が傷つくことも,人を不愉快にさせることも,自己保身のためには何も思うことさえない。そんな人間がいる。

その池田晶子氏も亡くなって久しい。ここ数年,随分と気になる人たちが亡くなっている。やがて私もこの世を去るだろう。その時までに,私は何を為すことができるか,何を残すことができるか。

遺すものを創造しながら生きていこうと思う。ただ,人を不快にさせたり,傷つけたりするものを自分の人生として遺すような愚かさだけはしたくない。そう思っている。

posted by 藤田孝志 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

自惚れた大義名分…「三園長証言」

修学旅行の新たな訪問先に「沖縄愛楽園」を選定し,従来の平和学習に「ハンセン病問題」を組み込んで以来,「戦争とハンセン病」に関係する書物を読み深めている。その中の一冊,藤野豊氏の『戦争とハンセン病』は,戦前の隔離政策が戦後も継続した歴史的理由を明確に解き明かしており,ハンセン病の歴史的背景がよくわかる。

特に「三園長証言」における光田健輔の果たした役割の大きさに慄然とした。一人の権威(権力)を持つ人間が頑迷に自説に固執するとき,歴史において取り返しのつかない罪過を生み出す。自説に固執し,自己正当化を図るほどに,その罪過は大きくなる。まるで,嘘をごまかすために更なる嘘を重ねるように。

光田健輔は自らの虚偽に気づいていたのだろうか。彼ほどの勉強家であれば,最新の医学情報を知らぬはずはないだろう。私は,彼の言動の根底に,異常とさえ思えるほどの自負心を感じる。

光田は「三園長証言」において,ハンセン病の感染力の強さ,家族間の感染を強調することで自説である「強制隔離と断種」の必要性を強く述べ,さらにはプロミンの効能にも疑問を呈している。


戦後,アメリカからハンセン病の特効薬であるプロミンが入ってくると,ハンセン病の症状は劇的に軽快した。このプロミンの成果により,「不治の病」であったハンセン病が完治可能な病気となったことで,厚労省も「絶対隔離政策」の方針を転換する方向に動き出した。
しかし,これに猛反対したのが光田健輔である。

1951年11月8日,ハンセン病政策について審議していた第12回国会参議院厚生委員会に5人の参考人が招致され,その中に多摩全生園長林芳信,菊池恵楓園長宮崎松記,長島愛生園長光田健輔の三園長がいた。彼らの証言を「三園長証言」といい,この「三園長証言」によって戦後の絶対隔離継続が決定づけられたとされている。
藤野氏は,三人の発言は実際には異口同音ではなかったと分析し「林は,隔離強化を求めるとか,軽快退所に反対するというような発言はいっさいおこなっていない」「患者が自主的に隔離に応じるような療養所の改善の必要に言及していた」と,他の二人とは大きく異なるものであるという。私も「証言」を読んでみて同感である。宮崎や光田とは趣旨がちがっている。

林は,プロミンによる治癒を前提にした法改正を求め,宮崎と光田は治癒を否定して隔離強化のための法改正を求めた。三人の発言を「三園長証言」と一括することはできない。隔離強化のための法改正を求めて,宮崎は過去の戦争を,光田は現在の戦争を,それぞれの根拠とした。


私が問題としたいのは,光田健輔の頑迷さである。

光田が最終目的としたのは,「ハンセン病の根絶」である。そのために感染源であるハンセン病患者を収容施設(療養所)に「強制連行・強制収容」して「絶対隔離」する。そして,絶対に退所させない「終生隔離」を行う。光田健輔が推進してきた絶対隔離政策である。

さらに光田はハンセン病患者の徹底根絶のため子孫さえ認めぬ「中絶」「断種」を推進する。感染症であるハンセン病にあっても「罹患しやすい素質は遺伝する」と光田は考えていたからである。
光田は,1906年の論文で「癩病に犯され易き体質に寄生発育して数年の潜伏期を待ちて之の人を癩病たらしむ」と述べている。


時は流れ,ハンセン病医学も進歩し,治療薬プロミンが劇的な成果を生み出しても,光田の信念は変わることはなく,むしろより意固地になっているように思える。
光田には「韓国・朝鮮人に対する激しい民族差別の感情が根強く存在した」と,藤野氏は指摘する。

「三園長証言」のなかで,光田健輔が隔離強化の根拠としたのが,朝鮮戦争下の韓国・小鹿島からハンセン病患者が日本に流入しているという事実認識であった。

…光田がこうしたことに言及したのは,歴史的に多くのハンセン病患者が朝鮮半島から日本に流入しているという彼独自の思い込みによるものであった。

…光田が衆議院行政監察特別委員会でおこなった証言は,事実に基づかない思い込みや推測で述べたものに過ぎない。故意に事実ではないことを光田は吹聴し,絶対隔離政策維持の根拠としたのである。この証言は,絶対隔離政策維持のために故意になされた偽証に限りなく近いものであった。朝鮮戦争に乗じて「韓国癩」の恐怖を煽り,絶対隔離政策を維持させようとした光田の戦略であった。

藤野氏が引用している長島愛生園の金泰九さんの逸話は,私も直接に聞いて知っているが,光田のパターナリズムを象徴していると思う。

光田健輔にとっての大義名分は「ハンセン病の根絶」であり,そのためには「絶対隔離」も「中絶」「断種」さえも手段として肯定される。
目的のためにはいかなる手段も肯定される。事実に基づかない虚偽であっても,自説の正当化のためであれば平気で嘘を突き通す。国際会議の動向さえも自説に反する場合は徹底して無視する。

光田が出席した1923年の第3回国際らい会議において,世界の趨勢が家族内隔離に移行していることに対して「再発の恐れ」を理由に光田は隔離を主張して反対している。
さらに,1951年に日本を訪問した外国人医師との議論でも自説を頑強に主張し,翌年に東京で開かれた「国際ハンセン病化学療法研究会」においても外国人医師の研究成果に対して自説を主張して譲らなかった。
この頑迷さ,剛愎な性格,意固地さは,どこから来るのだろうか。ハンセン病研究の権威者としての自負心からだとすれば,自惚れも甚だしい。謙虚さを失った研究者に進歩はない。

光田の「ハンセン病根絶策」は実に単純である。
日本中の「ハンセン病患者」をすべて見つけ出して「強制収容」して一歩も外に出さない「絶対隔離」を行いながら,収容者の子孫を残さないように「中絶」「断種」を強要することで,日本国内を「ハンセン病患者」の存在しない「無菌状態」にする。そして,ハンセン病患者がすべて「死亡」することで彼の政策は完遂する。

光田の大義名分は,自説を狂信する「自惚れ」でしかない。その結果,多くの人間を絶望の淵に追い込み,人生を狂わせてしまった。それどころか,多くの人間を死へと追い込んでしまった。

光田のように自説に固執し,自説の正当化のためには手段を選ばず,勝手な大義名分を振りかざして攻撃する人間は,現在もいる。

posted by 藤田孝志 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 断章と雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。