2012年03月08日

ノートU

本棚の片隅にレーニンの『哲学ノート』(岩波文庫版)がある。この本は,確か高校時代に先輩から勧められた『国家と革命』に挫折しかけたときに本屋で見つけて買ったものだ。当時は,まだマルクス主義者が多かった。学生運動の残り火がまだ燻っていた。

私を見つけるとマルクスやレーニンを語る先輩がいて,彼女から借りて読んだのが初めてのマルクス主義哲学の入門書であった。その本は,日本共産党系の出版社が出している入門的なシリーズの一冊だったと記憶している。
その本には,几帳面な彼女らしく定規を使ったサイドラインが引かれていたり,小さな文字でコメントが書かれたりしていた。彼女独自の記号,たとえば「imp」(importantの略だろう)などもあり,本はこのように読解するのだと私は初めて知った。私の読解法の原点かもしれない。(私は今でも,彼女の記号を愛用している。)


ノートや手記からは,作家や学者,研究者の思索の背景を垣間見ることができる。彼らが読んだ本や学んだ学問,影響を受けた思想,論文や著書に至る思索,それらの足跡をたどるには,彼らが書き残したノートや手記,日記が最適である。

しかし,私は彼らのプライバシーや人間性を非難することを目的にはしない。まして個人攻撃のための「ネタ」にしようとなど論外である。他者のプライバシーを嗅ぎ回るなど,悪趣味でしかない。

ノートに興味を持ち始めて以来,多くの「ノート」と名の付いた本を買い求めてきた。完成された著書以前の断片的な思索,抜き書きと感想,書きかけの断章,覚え書き,それらがアットランダムに書かれている。

丸山眞男の『自己内対話』も興味深かった。彼の『日本政治思想史研究』や『講義録』『忠誠と反逆』から少なからず影響を受けた私としては,丸山の精神がいかに形成されたかの一端を見る思いだった。

また,ノートには彼らの思考や思索の方法論が隠されている。松岡正剛の「千夜千冊」でもレーニンの本書をそのように読んだと書いている。

残り少ない人生,思索の足跡を書き残すのもいいかもしれない。

posted by 藤田孝志 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。