2013年03月19日

伊集院静の文章U

伊集院静の『大人の流儀3 わかれる力』を一気に読み終えた。春風のような清々しさとほろ苦い哀愁が心に残った。

以前にも書いたが,彼の文章が私は好きだ。特に彼の書くエッセイには,常に気づかされ,教えられ,確かめさせられ,そして納得する。洒脱軽妙な文章である。

実体験を通した経験の一つ一つに,その時に感じた思いと後に振り返った時に気づいた思いが重なり,含蓄のある言葉(文章)となって表現される。味わいが後を引く文章である。

何よりも,彼の文章には悪意がない。底意地の悪さがない。人間に対する信頼と尊敬があるからだろう。「叱る」ことはあっても,「貶める」ことはない。

それに比べ,品性のない文章は,そのほとんどが自己正当化・自画自賛に終始しているか,他者に対する非難と攻撃性に満ちたものであるかのどちらかである。さらには,自己正当化のために他者を攻撃したり,他者を扱き下ろすことで自賛する。これなどは最低と思う。


的外れな批判を「したり顔」で書く世間知らずもいる。

ハンセン病国賠訴訟以後,あるいはらい予防法廃止以後,ハンセン病問題を語る学者や教員,運動家に対して「…彼らの隔離の誤りを語る者たちの大半は,らい予防法が存在したときにもすでに人権研究者,人権運動家,教員,有識者,マスコミ人であったはずである。らい予防法が悪法だというのなら,なぜらい予防法が存在したときに,その悪を語らなかったのか」というバカバカしい批判を平気でする大学教授がいる。そして,この一文を,我が意を得たりとばかりに図に乗って,学者や教員を批判して自画自賛する人間もいる。

では聞くが,その時のあなたは何をしていたのか。その当時,私はあなたの名前など聞いたこともなかったが…。自分を棚に上げて何を況んや,である。

一体,何人の人間が,あの当時,ハンセン病問題に関わっていただろう。「ハンセン病」という言葉さえ知らず,「癩病」に対する恐怖心と偏見しか聞かされていないのがほとんどの人間ではなかっただろうか。

「人権研究者,人権運動家,教員,有識者,マスコミ人」を批判しながら,なぜその中に「キリスト教者(信徒,牧師)」など宗教関係者は含まれないのか。
知っていながら,「慰め」「慰安」の訪問のみで,らい予防法や隔離政策に反対も抗議行動も起こさなかったのは誰であったのか。(中には,犀川一夫氏のようなキリスト者もいるが)

私が言いたいのは,「知らなかった時のこと」について後から批判することは容易いし,そんなことを穿り返して批判することに何の意味があるのか,ある。

作家の高橋和巳に「知ったことに対する無関心は,悪ですらなく,人間の物化である」という言葉がある。私は,遅かろうが早かろうが,知った時に「無関心」ではなく,自分にできることをすればいい,と思っている。

ただ人を責めるだけの文章など,品性を疑う。

歴史の過ちを正直に認め,その歴史から何を学ぶかであろう。そして,他者を責める前に,まず自らを問うべきであろう。自らの「今」を問わず,他者の過去を責める愚かさこそ,私は糾弾したい。

posted by 藤田孝志 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 断章と雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。